バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで鋼材加工機の専門メーカー

EN / JP

TOP 製品一覧 製品詳細

コーピングマシン

CR1000(コーピング)

画像

進化したプラズマ切断コーピングマシン

6軸多関節ロボットに基台が移動する2軸を加えたことによって加工範囲が拡張。
裏を含めた4面加工とウェブK開先加工が可能になりました。
DCMからドリルモジュールを省いたコーピング専用機です。

YouTube

FEATURE

 

 

 
■コーピングモジュール  
画像

|プラズマ切断

画像

|マーキング(プラズマ)

 
■加工できる形状  
画像

|H型鋼

画像

|チャンネル

画像

|アングル

画像

|フラットバー

画像

|角パイプ

画像

 

 

 

画像

進化したコーピングマシン

複雑な形状の自動加工を支える様々な機能。

 
■4輪駆動の送材ローラ

 

送材は、4つのローラで強力に挟んで送るピンチローラ方式。すべてのローラがモータで駆動されており、重い材料でもスムーズに送材できます。

■上下左右に動くロボット

 

ロボットの基台が上下左右に動くことにより加工エリアが拡大し、4面加工を実現。アームを伸ばさなくても加工できるため、精度が大幅に向上しました。

■4面加工・マーキング

 

上面・側面だけでなく、ロボットが裏側に回り込むことで裏側からの加工も行います。4面すべてに、加工はもちろん、レイアウトマーキングも可能です。

■リフトアップローラコンベア

 

加工中はコンベアが退避し、ドロスの付着を防ぎます。材料搬出時は、ローラ面より下がった状態でスライドした後、リフトアップ。材料の垂れ下がりも問題ありません。

■フィードバー   

 

材料の最後端が送材ローラを外れても、フィードバーが後端をつかんで送り込みます。材料を最後まで使い切ることができ、残材は出ません。

 

 

 

 

 

 

バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで。
ご相談・ご質問を承ります。

電話受付時間 9:00~17:00

06-6489-1202(本社営業本部)

お問い合わせはコチラ