バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで鋼材加工機の専門メーカー

EN / JP

TOP 製品一覧 製品詳細

バンドソー

LTAシリーズ(形鋼・ムク材用自動)

画像

小物の連続切りに頼れる相棒

60°までの角度切りに定寸測定機能をプラスした自動機。
機体がコンパクトで、設置場所を選びません。

商品名 LTA300 LTA400
商品写真 画像 画像
最大加工寸法 (W×H) 画像 260 mm 260 mm
画像 260 mm 260 mm
画像 300×260 mm 400×260 mm
画像 300×140 mm 400×140 mm
外形寸法 (W×D×H) 1677×1899×1586 mm 1787×1996×1646 mm
機械質量 1050 kg 1100 kg
中小企業経営強化税制対象

FEATURE

   LTAシリーズ

 

画像

0°~60°の角度切り自在

DAITO バンドソーLT・LTAシリーズは、形鋼からムク材まで多様な材料を0°から60°までの任意の角度に切断できます。

 

 

LTAシリーズの自動定寸機能

■直角切りの連続運転

直角切りのみのコースの場合、途中で中断することなく自動送材・連続切断されます。

画像

■角度切りを混ぜた運転

角度切断位置で自動送材が中断しブザーが知らせるので、所要の角度に鋸フレームを手動旋回させます。

角度切りによる切り代増加分は自動補正されます。

画像

 

   簡単な角度設定

角度切りの設定は、旋回固定ペダルでロックを解除し、鋸フレームを手で回して行います。

0°と60°は旋回端に、45°は専用ストッパーに突き当て、それ以外の角度はテーブル外周の目盛りに合わせ、旋回固定ペダルでロックすれば設定完了です。

 

 

画像

シンプルなメイン操作盤

メイン操作盤は、機械の左側にわかりやすくシンプルにまとめられています。
 

画像

簡単な入力操作

操作盤は、液晶ディスプレイのタッチパネル方式。加工データは、製品長さと切断する個数を入力するだけです。

画像

遊動式送りバイス

多少曲がった材料でも、送りバイスが左右に遊動して材料に倣うので、送材はつねにスムーズです。

画像

材料を安定保持

材料支えライナーは鋸フレーム旋回連動式。つねに切断位置直近で材料を下から支えて安定を保持し、バリを最小に抑えます。

画像

手動操作は前面で

鋸フレームやバイスなど手動操作用のスイッチは前面に配置。角度切りのときでもオペレーターの手元に位置するので便利です。

画像

大きいタンクと広い切り粉受け

クーラントタンクの容量は56ℓと大きく、切り粉受けも広くて掃除が楽です。

画像

簡単な鋸刃交換

鋸ホイールのカバーはワンタッチで開きます。鋸刃の交換も簡単です。

画像

長寿命な背押しローラー

鋸刃の背部を受ける背押しローラーは超硬リング式。
水切りカラーがあるため、ベアリングに水がかからず長時間摩耗しらずです。

画像

インバーター式無段変速

鋸刃速度はインバーターによる無段変速。材質に合わせて、切削中でも最適な鋸刃速度に調整できます。

 

画像

鋸ブラシ専用モーター

鋸ブラシは専用モーターで駆動され、確実に切り粉除去を行います。

OPTION

画像
油圧押えバイス

束ね切りの際、材料を上から押え込みます。全幅押え式のため、材料幅が変化しても調整不要です。

画像
スプラント装置(セミドライ)

微量の切削油を鋸刃の刃先に吹き付けます。材料を濡らさず後処理が楽です。別途エアー源が必要です。

画像
任意角度ストッパ

任意の角度目盛りにストッパ(丸ナット)を合わせれば、直角切りと角度切りの繰り返しが簡単に行えます。

画像
バイス圧力調整

薄肉パイプなどの変形を防止するために、バイスの締付力を調整することができます。

画像
定寸ストッパー

最長500mmまでの定寸切断を繰り返し行うための突き当て式ストッパーです。

画像
作業灯

作業灯には長寿命なLED ライトを採用。切断位置付近が明るくなり、手動でのケガキ合わせにも便利です。

バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで。
ご相談・ご質問を承ります。

電話受付時間 9:00~17:00

06-6489-1202(本社営業本部)

お問い合わせはコチラ