バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで鋼材加工機の専門メーカー

EN / JP

TOP 製品一覧 製品詳細

バンドソー

GAⅣシリーズ(ムク材用自動)

画像

実績が示す信頼性の高さ

全自動バンドソーマシンのロングセラー。
多彩な機能でお客様のさまざまなご要望にお応えします。

商品名 GAⅣ260 GAⅣ330 GAⅣ410 GAⅣ510
商品写真 画像 画像 画像 画像
最大加工寸法 (W×H) 画像 260 mm 330 mm 410 mm 510 mm
画像 260 mm 310 mm 400 mm 490 mm
画像 300×180 mm 330×230 mm 410×360 mm 510×430 mm
画像 200×100 mm 230×155 mm 300×220 mm 360×270 mm
外形寸法 (W×D×H) 1960×1857×1758 mm 2167×1887×1918 mm 2495×1887×2160 mm 2931×2175×2575 mm
機械質量 1600 kg 1960 kg 2190 kg 3190 kg

中小企業経営強化税制対象
 

FEATURE

画像

材料先端を自動で検出

材料をセットし、自動切断を開始すると、ストッパが上昇して材料の先端を自動で検出。1個目から正寸で切断します。

画像

鋸ブラシ位置も自動調整

鋸刃への鋸ブラシのあたり調整は、光電センサーがブラシの外径を検知して自動でつねに適正に行います。(GAⅣ260以外)

画像

材料上端も光電センサーで

材料上端の検出も光電センサーが行います。従来のメカ式に比べ、構造が単純で、鋸刃交換が簡単になりました。

画像

切曲り監視で誤作を防止

タッチセンサーが、切削中の鋸刃の傾きを監視しています。切曲りが許容値を超えると機械は自動停止します。

画像

ミゾのないテーブル

バイステーブルの案内ミゾ部は、スライドバーでふさがれています。切断後の端材や短い製品が落ち込む心配はありません。

画像

便利なバックゲージ機能

所要寸法を入力して位置決めした送りバイスの先端をバックゲージにすれば、当て切りが可能です。端材も無駄なく活用できます。

OPTION

画像
油圧押えバイス

メインバイスと送りバイスの上部2箇所に装着。束ね切りの際、材料を上から押え込み、浮き上がりを防止します。

画像
スプラント(切削液スプレー装置)

専用切削液を微量のスプレー状にして鋸刃の刃先に吹き付けます。セミドライカットで後処理が楽です。

画像
バイス圧力調整器

薄肉パイプなどの変形を防止するために、バイスの締付力を調整することができます。

画像
バックゲージアダプタ

バックゲージ機能を用いて短い製品を切り出すための治具です。小径材用と大径材用の2種類があります。

バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで。
ご相談・ご質問を承ります。

電話受付時間 9:00~17:00

06-6489-1202(本社営業本部)

お問い合わせはコチラ