バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで鋼材加工機の専門メーカー

EN / JP

TOP 製品一覧 製品詳細

複合機

DCMシリーズ(形鋼用複合機)

画像

孔あけとプラズマ切断の"MULTI-TASKING"

ドリルによる孔あけ、ロボットとプラズマによる切断、
溶接位置を示すマーキングを1台で行うマルチタスキングマシンです。
ATCを装備しており、ツールを持ち換えれば、
タッピング、ミーリング、孔の面とりなどの加工も可能になります。

YouTube

商品名 DCM1000
最大加工寸法 (W×H) 画像
画像
画像 1025x500 mm
画像
外形寸法 (W×D×H) 4350x7544x2939 mm
機械質量 12000 kg
中小企業経営強化税制対象

FEATURE

 

さまざまな材料の加工

ダイトウドリルコーピングマシンDCM1000は、H形鋼をはじめとした、チャンネル、アングル、角パイプなど、さまざまな材料に対して加工を行います。

 

加工のバリエーション

ダイトウドリルコーピングマシンDCM1000は、ドリルマシンとコーピングマシンを1台に集約した「マルチタスキング」マシンです。ドリルによる孔あけ、ロボットとプラズマにより複雑な形状に切断したり、部材の溶接位置を示すマーキングや製品符号を描いたりを一台で行いま す。

ATCを装備しており、ツールを持ち換えれば、タッピング、ミーリング、孔の面取り、止め孔などの加工も可能になります。

 

4面マーキング

ツールを持ち替えることによって、材料に製品符号や溶接位置を示すレイアウトマーキングを書くことができます。
材料の裏側を含めた4面に可能です。(オプション)

 

材料の完全拘束

メインバイス、押さえローラ、下支えローラで材料をしっかりとクランプして押さえ込み、振動とたわみを軽減することで
ドリルの寿命を向上させます。

 

アングル加工

ダイトウ独自の加工姿勢により、バイスクランプ時の変形を防ぎ、トーチの干渉しない自由なコーピング加工を可能にしました。
また、孔あけ加工では、下支えローラが加工位置直近を支えることで材料が安定し、加工精度とツール寿命が向上します。

 

ライン構成上のメリット

ドリルマシン、バンドソーマシン、コーピングマシンを1台に集約。機械間をつなぐコンベアなども不要になり、
オペレーターもたった一人ですみます。省スペース・省人化に貢献します。

送材機構が機械本体に組込まれているので、ライン上には送材装置などの障害物がなく、左右どちら側からでも材料を供給できます。
また、素材長も制限されることはありません。

 

ドリルとコーピングの比較

ドリルマシンとコーピングマシンの複合機なので、それぞれの加工に合う最適の方法を選択できます。

 

送材モジュール

ピンチローラ送材、シャトル送材、フィードバー送材のことなる送材方式の装置を組み合わせたハイブリッド送材装置。
加工や状況に応じて、最適な送材方法を組み合わせて加工します。

 

コーピング加工を助ける機能

6軸多関節ロボット+上下左右に動く基台、レーザ式の材料測定、誤測定を防止するエアブロー、ホースのねじれを防ぐ回転するトーチ、加工中のドロスの付着をふせぐ退避するコンベア…など、さまざまな機能がコーピングの高精度加工を支えます。

 

ハイブリッド送材装置

ピンチローラ方式で多少曲がった材料でもスムーズに送材。また、材料後端が送材ローラを離れても、フィードバーで後端をつかんで送り込むので、材料を最後まで使い切ることができ、残材は出ません。

 

 

画像

「マルチタスキング」マシン

ダイトウドリルコーピングマシンDCM1000は、ドリルマシンとコーピングマシンを1台に集約した「マルチタスキング」マシンです。

ドリルによる孔あけ、ロボットとプラズマにより複雑な形状に切断したり、部材の溶接位置を示すマーキングや製品符号を描いたりを一台で行います。

ATCを装備しており、ツールを持ち換えれば、タッピング、ミーリング、孔の面取り、止め孔などの加工も可能になります。

拡張性に優れ、一次加工とさらにその先を見据えた次世代の加工機です。

 

 

 

 

■ドリルモジュール  
画像

|孔あけ

画像

|タッピング

画像

|ミーリング

画像

|マーキング(スクラッチ)

 
 
■コーピングモジュール  
画像

|プラズマ切断

画像

|マーキング(プラズマ)

 
■加工できる形状  
画像

|H型鋼

画像

|チャンネル

画像

|アングル

画像

|フラットバー

画像

|角パイプ

画像

 

 

画像

工場設備を一台に集約

一次加工にはドリルマシン・バンドソーマシン・コーピングマシンなどの用途に応じた専用機や、それらをつなぐコンベアやサプライヤなどのマテハン装置が必要で、多くの面積が占領されるうえ、それぞれの機械に人員を配置する必要がありました。

しかし、DCM1000を導入することで、1台の機械と一人のオペレータに集約され、加工ラインの省スペース・省人化を実現します。

 

 

画像

DCMのポテンシャル

多様な加工、加工精度、加工スピードを支える様々な機能。

■ビルトインモータ

 

スピンドルは、減速機を介さないダイレクト駆動のビルトインモータ。静かで芯ブレがなく、高精度で強力、かつ安定した切削を実現しました。

■下支えユニット

 

ウェブサポート・ハイトゲージ機能と、裏面スクラッチ装置を兼ね備えたユニットです。

■3方向ツール自動交換

 

各ユニットに、ツールを収納できるマガジンを装備。径の異なる孔をあけるときや、タッピング、ミーリング、マーキング、面取りなどの際、自動でツールを交換します。

■上下左右に動くロボット

 

ロボットの基台が上下左右に動くことにより加工エリアが拡大し、4面加工を実現。アームを伸ばさなくても加工できるため、精度が大幅に向上しました。

■4面加工・マーキング

 

上面・側面だけでなく、ロボットが裏側に回り込むことで裏側からの加工も行います。4面すべてに、加工はもちろん、レイアウトマーキングも可能です。

■リフトアップローラコンベア

 

加工中はコンベアが退避し、ドロスの付着を防ぎます。材料搬出時は、ローラ面より下がった状態でスライドした後、リフトアップ。材料の垂れ下がりも問題ありません。

■4輪駆動の送材ローラ

 

送材は、4つのローラで強力に挟んで送るピンチローラ方式。すべてのローラがモータで駆動されており、重い材料でもスムーズに送材できます。

■前後する送材モジュール

 

材料をクランプしたまま前後し、位置決めします。サーボによる精密な位置決めが、正確なミーリング・マーキング・タッピング加工を実現しています。

■フィードバー   

 

材料の最後端が送材ローラを外れても、フィードバーが後端をつかんで送り込みます。材料を最後まで使い切ることができ、残材は出ません。

 

 

 

 

動画はこちらYouTube

バンドソー、ドリルマシンからラインシステムまで。
ご相談・ご質問を承ります。

電話受付時間 9:00~17:00

06-6489-1202(本社営業本部)

お問い合わせはコチラ